インプラントの費用について

インプラントに代表される高度先端医療は、現在、健康保険の対象外で自費治療によって行われていますので、価格設定は各歯科医院によって違いがあります。保険が効きませんので、たしかに安くはなく、費用の問題では治療をあきらめる場合があるのは事実です。
しかし、医療とは決して品物の売買と同じではありませんので、知識や経験、実績、技術、そうしてもちろん安全性、さらには術後の保障なども評価されなければなりません。
何千本というインプラント植立経験のある歯科医と、治療を始めたばかりの歯科医とでは、当然ながら技術力には雲泥の差があります。
そうして、万が一なんらかの要因で治療後に支障が出た場合のことまでを想定して、最低、術後5年間くらいは無償で再治療する準備と気構えが歯科医に必要であることを考えると、あまり安すぎる治療は、本来、患者が享受するべき質の高い医療を荒廃させてしまいます。
高いか安いかは、治療をする本人がそれによって何を手に入れるか、そして、そのことで5年後、10年後の自分にどのように影響してくるかを考えて判断をするものです。
人間は、心地よいものには糸目をつけません。美味しいものを食べ、高級ブランドを買い、海外旅行にでかけます。ところが、自分の不始末で失った大切な身体の一部である歯は補うためにはお金をかけようとしません。それは本末転倒で、必ずそのしわ寄せが身体にでてくるものです。そうして、安い治療費だからといって安易に飛びつくと、あとになって思わぬトラブルと出費がかかることになるものです。
一本あたりの平均治療費は30~60万円くらいです。しかし、更に低価格で一本あたり10万円で治療をしている歯科医院や、現在では医学的な結果が出ているので、あまり使用しないタイプのものをいまだに使っている医院もあります。基本的には、あまりにも安い治療と、あまり高い治療には手を出さない方がよいと思います。
社会通念上、これくらいという費用があります。手術費は、骨移植を伴わないものは25~30万円。その他、自家骨移植3~8万円程度です。
医療費控除は一年間に医療機関に支払った医療費の合計が200万円までの範囲で、10万円を超える部分について受けられる制度です。この制度を利用することによって医療費の負担を軽くすることができます。
もちろんインプラントをはじめとする歯科治療は、その対象として認められておりますので決して目先の費用だけで判断しないことです。

Blog Home