若い時から薄毛に悩んで

薄毛というのは遺伝が強く関係していると思います。
私の父方の家系は、
みんな髪がフサフサなんですが白髪が多いです。
一方母方の家系は、
髪は黒々としているのに頭髪が薄い人が多いです。
どちらも考えてしまいますが、
どちらかといえば白髪の方がいいです。
ただ、どちらも若い時は髪がふさふさの人が多く、
私も子供のころから髪はフサフサで烏の濡れ羽色だと言われていました。
ところが、甥が子供の頃から髪が薄く、
中学校になる頃にはところどころ薄い部分がありました。
これはうちに家系ではなく、
きっと義兄の方の家系の関係だろうと思います。
中学の頃から薄毛を揶揄されて、
かなりコンプレックスを持っていたのか、
社会人になってからかなり育毛に力を入れています。
社会人になってお酒が飲めるようになり、
酔っぱらって喧嘩した時に、
友だちから「このハゲ」と言われたのがかなりショックだったようです。
育毛シャンプーに育毛剤はもちろんのこと、
育毛サプリに髪に良いというあらゆる食材を試していました。
叔母の私がいうのもなんですが、
甥の頭髪を見ているとその効果があったとはとても言えません。
もちろん本人には決して言えないことです。
若ハゲの人がいるというのは知っていましたが、
中学校の頃から頭髪で悩む子供もいるんだと甥を見ていてわかりました。
最近、薄毛は病院で相談すると良いということをテレビCMで知り、
どこの病院で相談するのがいいのか調べているみたいです。
私も最近薄毛に悩んでいたこともありまして、
これは甥が良い病院を見つけたなら一緒に行こうと思っています。
女性と男性の薄毛の原因は違うといいますが、
病院ならそういったことも踏まえて診断してくれると思います。
病院でもらうお薬はかなり効果があるそうです。
インターネットで調べてみると、
そういった体験談もたくさんあります。
甥は私が一緒に行くのを嫌がりそうですがそんなことは構いません。
一緒に行けば何かと心強いのでついて行くつもりです。

Blog Home